MESSAGEトップメッセージ

技術力と人間力を両輪で磨き、
お客様から必要とされる存在に

代表取締役社長

藤吉 英紀

Hidenori Fujiyoshi

東伸は岐阜県大垣市に本社工場を置き、創業以来70年以上にわたって産業機械分野で事業活動を続けてまいりました。
「お客様にとって、いつも、いつでも、いつまでも安心して、満足してお使いいただけること」。それが、私たちの機械づくりの基本スタンスです。そして、その思いを実践するために、「技術力」と「人間力」の両方を磨く経営を貫き、オンリーワン技術や市場シェアの高い製品も生み出してきました。
グローバル化やテクノロジーの進化が進み、産業界は今、大きな変革の時代を迎えています。しかし、当社の根底にあるものは変わりません。人も製品も頼りにしていただき、お客様にとってなくてはならない存在であり続けたい。その思いを胸に、私たちはこれからも志高く、飽くなき挑戦を続け、未来につながるソリューションを創造していきます。
今後も変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

PHILOSOPHY経営理念

全従業員の物心両面の幸福を実現すると共に、
社会の進歩発展に貢献する。

OVERVIEW会社概要

社名株式会社 東伸 Toshin Co., Ltd.
事業所

■本社工場

〒503-0985 岐阜県大垣市野口3-1
TEL:0584-91-9111 
FAX:0584-91-9106

■東京ブランチ

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-7-12 第一電建ビル6F
TEL:03-3258-9111

■関連会社
テムスト株式会社(http://www.temst.co.jp
代表者代表取締役社長 藤吉 英紀
創業1950(昭和25)年4月
設立1962(昭和37)年12月
資本金9,800万円
従業員数92名(2021年4月現在)
事業内容産業用自動化機器およびシステム開発、設計、製造、販売
品目包装用加工機器(主にスリッター、リワインダー、コーター、スライサーなど)

HISTORY沿 革

1950(昭和25)年パールアクセサリー加工機製造、一般修理加工業として事業開始
1955(昭和30)年スリッターの製造に着手
1961(昭和36)年二村化学工業様用機械、改造修理・加工80%
電線関連修理・加工10%
スリッター製造10%
1962(昭和37)年法人化
1977(昭和52)年油圧昇降装置開発
1981(昭和56)年修理・加工部門より撤退
1984(昭和59)年エアーフリクション機構開発
1991(平成3)年自動検品装置付リワインダーKWZ開発。タッチパネル式スリッター LSA開発
1994(平成6)年ISO9001スリッター業界で初めて認証取得
1996(平成8)年本社・本社工場移転
1999(平成10)年スリッター業界で初めて、日本包装機械工業会認定の衛生基準に合格
2000(平成12)年創業50周年。ホームページ開設
2002(平成14)年サービス体制強化
2004(平成16)年1次スリッター新型LXR開発
2006(平成18)年新型スリッターTSW開発
2007(平成19)年岐阜県子育て支援企業 県内第一号登録。QRコード式欠点検査情報管理システムの発表
2008(平成20)年NCカッターシステム開発。東京ブランチ開設
2009(平成21)年リニューアル機(Aシリーズ)開発
2010(平成22)年創業60周年
2013(平成25)年レーザー装置組込式リワインダー QWR発表
2014(平成26)年新型フリクション TAFシリーズ開発
2015(平成27)年新型耳巻取機 EWXi開発
2017(平成29)年小型リワインダーMR開発
2019(平成31)年高速コンパクト汎用スリッターeS!開発
2020(令和2)年創業70周年

スリッター、リワインダーに関するご相談・お見積りはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求 お見積もり
ページ上部へ